当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

37|漢方処方製剤 ⑶ 特徴と考え方|証|おすすめYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
まして今回は、漢方の特徴と基本的な考え方
より、漢方独自の病態認識」のお話です。

「証」とは?

  漢方薬を使用するものの(使用する人の)
          👇
「体質・体力・抵抗力・症状」の現れ方を示す

 一般用の漢方処方では「証」のことは
 「しばり」(使用制限)と記載される

「証」は、専門用語のためですが、
「しばり」も、専門的に聞こえる
のは、私だけでしょうか。。失礼。

  よろしければ👆こちらも、ご覧ください。

「証=しばり」の種類

        👆「陰陽」のイメージです。

       ❶ 虚実
       ❷ 陰陽
       ❸ 気血水
       ❹ 五臓 など 

「証」に合った漢方薬を「選択」

気血水のイメージとして

       👆「気血水」のイメージです。

       使用するものの
」に合わない漢方薬を選んでしまうと。。
          👇
     効果が得られないだけでなく、
    「副作用」を招きやすくなる!
          👇
 一般生活者の中には、漢方薬の作用は穏やか
   で、副作用は起きにくい、といった
 「誤認」をされている人がいるため、留意!
          👇
  漢方薬でも「証」に合わない場合。。
          👇
 症状の悪化や「間質性肺炎」「肝機能障害
のような、重篤な副作用が起きることがある!

五臓(リアル)のイメージとして

        👆「五臓」のイメージです。

間質性肺炎」の詳細は👆こちらをどうぞ。

肝機能障害」の詳細は👆どうぞこちらへ。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も漢方薬のつづきです。お楽しみに。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました