当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

82 内服アレルギー用薬 ⑴発生のしくみ|おすすめYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回から、
鼻炎用内服薬を含む、内服アレルギー用薬
のお話で、先ずは発生の「しくみ」です。

アレルギー発生のしくみ

  原因物質のアレルゲン抗原:こうげん)
  が、皮膚や粘膜から、体内に入り込む
          👇
  免疫グロブリン抗体)が、アレルゲンを
  特異的に認識し「肥満細胞」が刺激される
          👇
肥満細胞から、生理活性物質の「ヒスタミン」
や「プロスタグランジン」などが、遊離する
          👇
   肥満細胞から遊離したヒスタミンは、
  器官や、組織の表面に分布する、特定の
    タンパク質(受容体)と反応
          👇
 血管拡張(血管の容積が拡張すること)や
 血管透過性亢進(血漿タンパク質が組織中
   に漏出すること)などの作用を示す
          👇
  蕁麻疹や湿疹、かぶれ、痒み(かゆみ)、
  鼻炎などのアレルギー症状が現れる!

「遊離(ゆうり)」とは

「結合」が切れて「分離」して存在すること。

「肥満細胞」とは

・別名「マスト細胞

免疫機構の一端を担う

・皮膚、皮下組織、肺、消化管、肝臓など
 の、体中の血管周囲に、存在する

・「肥満症」との関連は、ない!
       👇
  由来は、生理活性物質のヒスタミンや、
  プロスタグランジンなどを、細胞内に
  貯蔵するため、細胞自体が大きくなる
  ことから、名付けられた。

  👆 写真は、ブタクサ(抗原の一種)です。

物理的な刺激による蕁麻疹

寒冷蕁麻疹、日光蕁麻疹、心因性蕁麻疹
など、アレルゲンの接触以外の、皮膚への
物理的な刺激により、アレルギーを生じる
ものもあります。

傷んだ食品からも。。。

特に、サバなどの生魚が傷むと「ヒスタミン
や、類似した「ヒスタミン様物質」を生成する
ことがあり、摂取による蕁麻疹もあります。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました