当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

84|内服アレルギー用薬 ⑶ 受診勧奨|減感作療法など

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回は、
医療機関への受診勧奨などのお話です。

受診を勧める場合

・一般用医薬品の、内服アレルギー用薬
(鼻炎用内服薬を含む)は、5~6日間
 使用しても、改善しない場合は、受診!
   ➡ 長期連用は、避ける

・鼻炎は、かぜの随伴症状としても多々
 見受けられるが、高熱を伴う場合は、
 かぜ以外のウイルス感染症や、重大な
 病気の可能性も考慮して、受診!

・アレルギー用薬の場合、使用目的の症状と
 副作用の症状が見分けにくいため、症状が
 悪化または拡大したら、副作用の可能性を
 考えて、受診!
   ➡ 使用目的:蕁麻疹など。
   副作用の症状:発疹・発赤などの薬疹

・たむしや、疥癬などの皮膚感染症も、類似
 の症状(湿疹・かぶれ等)がある
  ➡ アレルギー用薬で一時的に緩和では
    なく、皮膚感染症への対処を優先!

【疥癬(かいせん)とは】
ダニの一種(ヒゼンダニ)による皮膚疾患
で、激しい痒みを伴う、皮疹を生じる。

・種々のアレルギー症状が、連鎖的に現れる
 場合は、一般用医薬品で一時的に対処する
 よりも、医療機関を受診!
       ➡ 皮膚の症状が治まると、
         喘息を発症する、など。

 👆写真は、ヨモギ(抗原の一種)です。


・漢方処方製剤を含む、一般用医薬品には、
 アトピー性皮膚炎による慢性湿疹などの
 治療を目的としたものは、ない

【アトピー性皮膚炎とは】
増悪と寛解を繰り返す、慢性的な湿疹。

気管支喘息・アレルギー性鼻炎・
アレルギー性結膜炎などの病歴や、
家族歴がある場合に多い。


・アレルギー症状を軽減するには、アレル
 ゲンの除去や回避が大切であり、医薬品の
 使用は、症状を和らげる対症療法である

アレルゲンに対して、徐々に体を慣らす
 減感作療法は、医師の指導のもとで行う!
  ➡自己判断では、症状悪化や、重篤化
  (血圧低下、呼吸困難、意識障害など)
   するおそれがあるため、避ける!


ご覧いただき、ありがとうございました。
次回は、いよいよ配合成分のお話です。

つづきは、👇こちらからでも飛べます。


タイトルとURLをコピーしました