当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

86|アレルギー用薬 ⑸抗炎症|グリチルリチン酸|トラネキサム酸

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回も、
鼻炎用内服薬を含む内服アレルギー用薬
配合される「抗炎症成分」のお話です。

抗炎症成分

皮膚や、鼻粘膜の炎症を和らげます。

グリチルリチン酸二カリウム
グリチルリチン酸(甘草を含む)
グリチルリチン酸モノアンモニウム

トラネキサム酸       など

「グリチルリチン酸二カリウム」の注意点

ステロイド性抗炎症成分と似た化学構造

大量摂取
 ➡ 偽アルドステロン症のおそれ。
         👇
  むくみ、心臓病、腎臓病、高血圧の人、
  高齢者で、発症リスクが高い
         👇
  1日最大服用量が40mg以上の製品を
  使用する場合は、医師などに相談!

長期連用(どのような人でも!)

甘味料としても食品や、医薬部外品など
 にも用いられているため、販売の際には
 購入者の総摂取量に、要注意!

・医薬品の「添加物(甘味料)」として
 配合の場合、薬効は期待できない!


医薬品では1日摂取量が200mgを超えない
用量に定められていますが、生薬の甘草と
同様、過剰摂取にならないよう注意!です。

偽アルドステロン症、甘草(カンゾウ)の
詳しい内容は、こちら👇をご参照ください。

「トラネキサム酸」の注意点

 凝固した血液を、溶解されにくくする作用
          👇
      「血栓」のある人や、
     血栓のおそれのある人は、
      医師や、薬剤師に相談!

  【血栓(けっせん)のある人とは】
 
血栓とは、血の塊(かたまり)のことで、
それが血管を塞いでしまう病気の人です。
脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎など)

「トラネキサム酸」覚え方のイメージ

トラネキサム酸は、配合されている歯磨き粉
があるので、聞きなじみのある成分ですよね。
歯茎の腫れ(はれ)や出血を抑えてくれます。
         👇
出血を抑えてくれる成分なので、逆に血液が
流れないと困る人(血栓のある人)は注意!
というイメージで覚えました。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました