当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

87|内服アレルギー用薬(鼻炎薬含む) ⑹ アドレナリン作動成分

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。繰り返しに
なりますが「鼻炎用内服薬」を含む、内服
アレルギー用薬のお話のつづきになります。

「○○リン」という成分名が多く、
「アドレナリンリン♪」で覚えや
すい、アドレナリン作動成分です。

アドレナリン作動成分

    「交感神経系」への刺激作用
          👇
      鼻粘膜の「血管を収縮
          👇
    鼻粘膜の腫れや充血を和らげる
          👇
    鼻粘膜(局所的)だけではなく、
   循環血流中に入って、全身的に作用

 プソイドエフェドリン塩酸塩
    フェニレフリン塩酸塩
  メチルエフェドリン塩酸塩  など

「プソイドエフェドリン」の注意点

・「中枢神経系」への強い作用
        ➡ 不眠、神経過敏の副作用。

・「交感神経系」への刺激作用
  ➡ 心臓血管系や、
   肝臓でのエネルギー代謝などにも影響。
          👇
    心臓病高血圧糖尿病
     甲状腺機能障害の人や、
     前立腺肥大で排尿困難の人。
          👇
    めまい、頭痛、排尿困難の副作用。

パーキンソン病で「セレギリン塩酸塩」
  など(モノアミン酸化酵素阻害剤)を
  服用している人は、相談!

「メチルエフェドリン」に期待される効果

血管収縮作用」による、
痒み(かゆみ)を鎮める効果を期待し、
「アレルギー用薬」として、配合される
こともあります。

 よろしければ👇こちらも、ご参照ください。

プソイドエフェドリンおよび、
メチルエフェドリンは依存性があるため、
長期連用による薬物依存のおそれに注意!

エフェドリン」と名付く成分は、
「依存性あり!」のイメージです。

 よろしければ👇こちらも、ご確認ください。

生薬「麻黄」の基原「Ephedra」からも
「エフェドラ ➡ エフェドリン」が、連想
されますよね。👇ご参考に、どうぞ。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました