当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

93|アレルギー用薬(鼻炎用内服薬含む)⑿ 十味敗毒湯|当帰飲子

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
皮膚の症状に用いられる漢方処方製剤4種類
のうち、残り2つのお話です。

いずれも比較的、長期間(1か月以上)
使用されることもあるため、留意です。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

構成生薬:甘草を含む

効能効果:体力中等度
     皮膚疾患、発赤、蕁麻疹、
     化膿性または急性皮膚疾患の初期
     湿疹・皮膚炎、みずむし

【注意点】
 ・虚弱、胃腸虚弱の人には不向き

 ・化膿性または急性皮膚疾患の初期、
  急性湿疹に用いる場合は、1週間位まで
   ➡ 改善しなければ、専門家に相談!

当帰飲子(とうきいんし)

・構成生薬:甘草を含む

・効能効果:体力中等度以下
      冷え症、皮膚が乾燥するものの
      湿疹・皮膚炎(分泌物の少ない
      痒み

・注意点:胃腸虚弱で下痢しやすい人
     には不向き
      ➡ 胃部不快感、腹痛の副作用。


十味敗毒湯は「化膿性皮膚疾患」が特徴的な
キーワードですね。

化膿しているところには、毒が入(敗)って
いる「味」がするイメージで、覚えました。

 👆写真は、生薬の当帰(トウキ)です。
 当帰が、チラリと登場した回は👇こちら。


当帰飲子は、前回お話した消風散とは逆で、
分泌物が少なく、皮膚の「乾燥」が特徴に
なります。

覚え方としては、乾燥して喉が乾いた子が
家に帰って、飲み物を飲むイメージです。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、漢方薬です。どうぞお楽しみに。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。


タイトルとURLをコピーしました