当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

98|鼻炎用点鼻薬(鼻に用いる薬)⑴ スプレー式の外用液剤

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回からは、
スプレー式で、鼻腔内に噴霧して使用する
外用液剤鼻炎用点鼻薬のお話に進みます。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

鼻炎の種類

❶ 急性鼻炎

ウイルスや、細菌が原因で生じる
 鼻粘膜の炎症

・かぜの随伴症状として、現れることが多い

❷ アレルギー性鼻炎

アレルゲン(抗原)に対する、過敏反応に
 よって生じる、鼻粘膜の炎症

・花粉(スギなど)が原因物質(アレルゲン)
 の場合は、いわゆる「花粉症」

❸ 副鼻腔炎

・鼻粘膜の炎症が、副鼻腔に及んだもの

・「慢性」になると、いわゆる「蓄膿症

   👆 写真は、スギ花粉のイメージです。

鼻炎用内服薬との「違い」

・鼻腔内に噴霧する、スプレー式の剤形が多い

・主体は「アドレナリン作動成分
     ➡ 鼻粘膜の充血を和らげる

鼻炎用点鼻薬の「目的」

・急性鼻炎、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、
 副鼻腔炎による諸症状に

・鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、
 頭重(頭が重く感じる症状)の緩和

・鼻腔内での「局所的」な作用

スプレー式 鼻炎用点鼻薬の注意点

・使用前には、鼻をかんでおくこと
 ➡ 鼻汁とともに逆流することがある。

・容器には、なるべく直接鼻に触れない
 ➡ 汚染を防止するため。

他人との共有

・使用後は、清潔なティッシュ等で拭く

・保管時は、必ずキャップを閉めて清潔に

受診をすすめる場合

蓄膿症など「慢性的」なものは対象外

・根本的な、原因を取り除くものではない!

3日位使用しても改善しないとき
  ➡ 鼻以外の器官や、臓器に影響を及ぼす
    成分(アドレナリン作動成分など)が
    配合されているため。

 影響の及ぼし方については👇こちらです。

・鼻粘膜が腫れる症状の「ポリープ鼻茸)」
          👇
 「ステロイド性抗炎症成分」を含む点鼻薬
   などで、医療機関での治療が必要!

・かぜ等に伴い、鼻炎症状が続くことによる
 副鼻腔炎や「中耳炎
 ➡ 兆候には注意を促し、中耳炎は受診

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました