当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

113|眼科用薬 ⑶ 主な副作用|激しい目の痛みは緑内障?!

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。
今日は3月3日、「ひなまつり」ですね♪
アマビエ様の👇可愛い画像を見つけました。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

さて今回は「眼科用薬」の主な副作用と、
相互作用、受診勧奨の、お話になります。

「眼科用薬」の主な副作用

「局所性」の副作用

  目の充血、痒み(かゆみ)、腫れ(はれ)
          👇
  症状との区別が難しいこともあるため、
  一定期間、使用しても改善しない場合は、
        専門家に相談!

「全身性」の副作用

  皮膚に、発疹、発赤(ほっせき)、痒み
          👇
 一般生活者は、眼科用薬が原因とは考えず
  「アレルギー用薬」や「外皮用薬」を
      使用することがある
          👇
  眼科用薬を販売の際には、適切な助言を!

「眼科用薬」の相互作用

医師の治療を受けている人は。。

一般用医薬品の点眼薬を併用」すると
治療に、悪影響を与えることがあるため
使用前に、医師または調剤薬剤師に相談!

受診を勧める場合

・一般用医薬品の点眼薬には、
 「緑内障」の症状を改善する製品はない
         👇
     配合成分によっては、
  「緑内障」を、悪化させるおそれ!

目の痛みが激しい場合には。。
       👇
 「急性緑内障」「角膜潰瘍(かいよう)」
 「眼球への外傷」などの可能性!
       👇
  視力障害などの、後遺症を生じる
  おそれもあるため、速やかに受診!

・「」が原因の可能性がある症状
        👇
  視力の異常、目の感覚の変化、
  眼球・眼瞼(がんけん)などの
  外観の変化などは、受診を促す!


ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

楽しい「ひなまつり」を
お過ごしください♪

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました