当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

119|眼科用薬 ⑺ 組織修復成分|収斂成分|納豆のネバネバ効果

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。納豆大好き、氷河 期世代です。
突然、失礼しました。今回も、眼科用薬に
配合される成分の、つづきになります。

組織修復成分

炎症を起こした眼粘膜の組織修復を促します。

  ズレンスルホン酸ナトリウム
    (水溶性アズレン)

      アラントイン

覚え方の語呂合わせ・イメージ

「アランドロンとの関係を修復する」

  アラン ➡ アズレンのア、アラントイン
関係を修復 ➡ 組織修復成分
   する ➡ スルホン酸

よろしければ、👆こちらもご覧ください。

収斂(しゅうれん)成分

眼粘膜の、タンパク質と結合して皮膜を形成
          👇
    外部の刺激から、保護する

      硫酸 亜鉛 水和物
  (りゅうさん あえん すいわぶつ)

「収斂(しゅうれん)」とは

 引き締めることです。「亜鉛」つながりで
 収斂保護止血成分の「酸化亜鉛」がありま
 したよね。よろしければ、👇こちらへ。

亜鉛は膜を形成するイメージで覚える

亜鉛は、人体に必要なミネラルですが、
体内で産生することができないため、
食品から摂取する必要があるそうです。

亜鉛を含む食品に「納豆」があります。
納豆のネバネバが、膜を張ってくれる
イメージで、覚えました。

納豆が苦手な方には、すみません。
ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。


タイトルとURLをコピーしました