当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

125|眼科用薬 ⒀ ビタミン成分|単語帳アプリのおすすめ

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。眼科用薬の
配合成分、最後はビタミン成分のお話です。

ビタミンには(別名)がありましたよね。
よろしければ、👇こちらもご覧ください。

繰り返しになりますが、ビタミンの
別名と、作用の暗記にも、単語帳
アプリ「Word Holic」が推しです。

① ビタミンA(レチノール)

作用:「視力調整」などの反応を改善
    ➡ 視細胞が、光を感受する反応に
      関与している。

    パルミチン酸レチノール
        酢酸レチノール など

② ビタミンB2(リボフラビン)

作用:「角膜炎」を改善
    ➡ ビタミンB2の欠乏が関与のため
      角膜の酸素消費能を増加させて、
      組織の呼吸を亢進する。

 フラビンアデニンジヌクレオチド
 ナトリウム(ひとつの長い成分名)など

③ ビタミンB5(パンテノール)

作用:目の「調節機能」の回復を促す
     ➡「自律神経系」の伝達物質の産生
       に、関与している。

    パンテノール
    パントテン酸カルシウム など

④ ビタミンB6(ピリドキシン)

作用:「目の疲れ」を改善
    ➡「アミノ酸」の代謝や、
      神経伝達物質の合成に関与。

     ピリドキシン塩酸塩 など

⑤ ビタミンB12(シアノコバラミン)

作用:目の「調節機能」を補助

     シアノコバラミン など

⑥ ビタミンE(トコフェロール)

作用:疲れ目結膜充血を改善
    ➡「末梢」の微小循環を促進させる。

   トコフェロール酢酸エステル など

「微小循環」とは

 毛細血管などの、非常に小さな領域で
 行われる、循環のことです。

末梢の血行を促進して、血行改善
してくれる、ということですね。

よろしければ👆こちらも、ご確認ください。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました