当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

131|かぜ薬 ⑶ 解熱鎮痛成分|おすすめのYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。いよいよ、
今回からは、かぜ薬の配合成分のお話です。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

解熱鎮痛成分

発熱を鎮めて、痛みを和らげます。

        アスピリン

      サリチルアミド
       エテンザミド
     
     アセトアミノフェン
       イブプロフェン
  
  イソプロピルアンチピリン など

「インフルエンザ」の流行期などは。。

  解熱鎮痛成分が、アセトアミノフェンや、
  生薬成分のみからなる製品の選択を提案
          👇
  かぜと、インフルエンザの識別は難しい
  ため、購入者には、積極的に注意を促す

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

後々また登場しますが解熱鎮痛成分
のうち「アセトアミノフェン」は、
「小児」にも使用できる、比較的「やさしい」成分です。

アセトアミノフェンという成分名
からも「やさしい」響きを感じる
ので、そのイメージで覚えました。

注意点・副作用

サリチルアミド と エテンザミド

水痘(水疱瘡:みずぼうそう)または
 インフルエンザに罹患の15歳未満の小児

アスピリン、サザピリン、イブプロフェン

15歳未満の小児には、いかなる場合も!!

サザピリンは、後々「解熱鎮痛薬
の範囲で再登場します。今は名前
だけでも覚えてやってくださいね。

小中学生のイメージとして

👆「15歳未満の小児」のイメージとして。

かぜ薬による重篤な副作用

かぜ薬の服用による、重篤な副作用は
解熱鎮痛成分」によるものが多い!

よろしければ👆こちらもご確認ください。

 👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました