当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

132|かぜ薬 ⑷ 解熱鎮痛の生薬成分|おすすめのYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
今回は、解熱鎮痛成分として、かぜ薬に配合
される「生薬成分」の、お話になります。

生薬のイメージ

     👆「生薬」のイメージとして。

解熱鎮痛の「生薬成分」

「解熱」作用

      地竜(ジリュウ)
      牛黄(ゴオウ)
      葛根(カッコン)
     
      柴胡(サイコ)
      防風(ボウフウ)
      升麻(ショウマ)

詳細は👆こちらから、ご確認いただけます。

      👆 写真は、葛根(カッコン)
         「葛(くず)の花」です。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包 ×2

「発汗促進」作用で、解熱を助ける

他の成分と、組み合わせ配合されます。

     生姜(ショウキョウ)
     桂皮(ケイヒ)

よろしければ👆こちらも、ご覧ください。

3章特化 登録販売者試験クリア 医薬品とその作用 手引き(令和5年4月)対応

「鎮痛」作用

      川芎(センキュウ)
     香附子(コウブシ)

よろしければ👆こちらもご確認ください。

以上の「生薬成分」たちは後ほど、
解熱鎮痛薬」等の範囲で、再登場
します。今は、作用や名前だけでも
覚えておいてやってくださいね。

 👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました