当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

136|かぜ薬 ⑻ 2種類の抗炎症成分|カミツレ(カモミール)

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。総合感冒薬に
配合される、抗炎症成分のお話になります。

抗炎症成分

炎症による鼻、喉の粘膜の腫れ(はれ)を
和らげます。2種類の作用の違いに注目!

①起炎物質の産生を抑え、炎症の発生を防ぐ

      トラネキサム酸

「トラネキサム酸」の注意点・副作用

血栓のある人や、血栓を起こすおそれのある人
    は、医師・調剤薬剤師に相談!
          👇
   トラネキサム酸は、凝固した血液を
   溶解されにくくする作用をもつため

👆「血栓」ができた血管のイメージとして。

 👆こちらから、復習していただけます。

ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第3版

②ステロイド性抗炎症成分に類似の化学構造

   グリチルリチン酸二カリウム

    生薬成分:甘草(カンゾウ

グリチルリチン酸・甘草の注意点・副作用

・大量摂取で、偽アルドステロン症のおそれ!
          👇
   むくみ、心臓病、腎臓病、高血圧の人、
   高齢者では、発症リスクが高まる!
          👇
 1日最大摂取量がグリチルリチン酸として
 40mg 以上の製品は、医師などに相談!
          👇
  上記の、基礎疾患などではない人でも、
     「長期連用」は

 偽アルドステロン症は👆こちらへどうぞ。

横浜中華街 甘草片(スライス)、50g、薬膳、漢方、お菓子、料理の甘味料として、砂糖の代わりに用います♪

・医薬品では、1日摂取量が 200 mg
 超えないように、定められている
          👇
 「かぜ薬」以外にも配合されることが多く
 「甘味料」としても、広く用いられている
 ため、過剰摂取にならないよう注意

・医薬品の添加物(甘味料)として配合され
 ている場合もある
  ➡ 添加物の場合、薬効は期待できない

 👆こちらから、復習していただけます。

生薬成分

発汗抗炎症作用を目的として配合されます。

        カミツレ
          👇
    アズレンを、水溶性にした
   「アズレンスルホン酸ナトリム」
     が含まれる、製薬成分。

  👆写真は、キク科の「カミツレ」です。

歯痛・歯槽膿漏薬」の範囲で
再登場します。今は名前だけでも
覚えておいてやってくださいね。

 よろしければ👆こちらもご覧ください。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました