当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

154|解熱鎮痛薬 ⑶ 化学的に合成された解熱鎮痛成分の副作用

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
解熱鎮痛成分のうち、化学的に合成された成分
の副作用と注意点に関する、お話になります。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

一般的な副作用

心臓病腎臓病肝臓病胃・十二指腸潰瘍
の人は、医師などに相談!

その理由となる、それぞれの作用を
区別できるように覚えます。
増加・減少・低下」などに注目!

「心臓病」の人

循環血流量」の「増加
       ➡ 心臓の負担を増大させ、
         症状悪化のおそれ!

「腎臓病」の人

末梢」におけるプロスタグランジン(PG)
  の産生抑制により、腎血流量が減少
          👇
   腎機能の低下、症状悪化のおそれ!

「肝臓病」の人

解熱鎮痛成分が、代謝されて生じる物質が、
「アレルゲン」となる
      ➡ アレルギー性の肝機能障害
        誘発することがある!

「胃・十二指腸潰瘍」の人

 胃粘膜保護作用が、妨げられることにより、
胃酸の分泌が増加胃壁の血流量は低下
          👇  
  胃粘膜障害を起こし、症状悪化のおそれ!

胃への、悪影響を軽減するため、
なるべく、空腹時を避けて服用
することとなっています。

重篤な副作用

ピンク色の文字(テキスト)を
タップ(クリック)していただくと
詳細をお話したブログへ飛べます。

「アスピリン喘息」とは?

・アスピリンのみ、特有の副作用ではない

他の解熱鎮痛成分や、外用消炎鎮痛成分
 でも、起こる可能性がある

紛らわしい名前(失礼)なので、
引っかけの出題歴がありますね。

その他の注意点

・「長期連用」は避ける!
 ➡ 基礎疾患のない人でも、自覚症状のない
  まま、徐々に臓器障害が進行するおそれ。

妊婦、または妊娠しているかも女性は、
 胎児への影響を考慮し、医師などに相談!

妊婦・相談のイメージとして

    👆 妊婦は相談!イメージとして。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました