当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

156|解熱鎮痛薬⑸解熱鎮痛成分|アセトアミノフェン|ACE処方

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
化学的に合成された解熱鎮痛成分のうち今回
は、アセトアミノフェンのお話になります。

中枢と末梢のイメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

アセトアミノフェン

・「中枢作用」による、解熱鎮痛作用
         👇
末梢」における抗炎症作用は期待できない

・他の解熱鎮痛成分と比べ、胃腸障害は少ない
          👇 
  「空腹時」に、服用できる製品もあるが、
  「食後」の服用が、推奨されている

・「小児」の、解熱に用いる製品として、
  配合された「内服薬」や「坐薬」もある
         👇
  一般生活者では「坐薬」と「内服薬」は、
  影響し合わないとの誤認がされていること
  もあるため、併用されないように注意

小中学生のイメージとして

👆「小児(15歳未満)」のイメージです。

「A C E 処方」とは?

下記の3種類の成分が「組み合わせ配合」
された処方のことをいいます。

    A:アセトアミノフェン
    C:カフェイン
    E:エテンザミド

よろしければ👆こちらも、ご覧ください。

現場で使える 新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品

アセトアミノフェンの重篤な副作用

・皮膚粘膜眼症候群(SJS)

・中毒性表皮壊死融解症(TEN)

・急性 汎発性 発疹性 膿疱症
    ➡ はんぱつせい ほっしんせい
      のうほうしょう

・間質性肺炎

・腎障害

・肝機能障害

「汎発性」とは全身に、至る
ところに、発生することです。

「重篤な副作用」の詳細

よろしければ、下記のリンク先も
ご確認ください。

重篤な副作用がたくさん登場する
アセトアミノフェンですが、基本的
には「小児」にも用いられる比較的
やさしい成分」として覚えます。


ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました