当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

157|解熱鎮痛薬 ⑹解熱鎮痛成分|イブプロフェン|無菌性髄膜炎

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
化学的に合成された解熱鎮痛成分のうち今回
は、「イブプロフェン」のお話になります。

👆 出産予定日12週以内の妊婦は禁忌!

イブプロフェン

・「アスピリン」などに比べると、
 「胃腸」への、悪影響が少ない

・「アセトアミノフェン」と違い、
 「抗炎症作用」もある
      👇
  頭痛、咽頭(いんとう)痛、
  腰痛、月経痛、生理痛などに
  使用されることが多い

体調の悪い女性のイメージ

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

イブプロフェンの注意点・副作用

15歳未満の小児
  ➡ 一般用医薬品では、いかなる場合も

出産予定日12週以内の妊婦

・重篤な副作用として
 「肝機能障害」「腎障害」「無菌性髄膜炎
              👇
 全身性エリテマトーデス混合性結合組織病
  の人は、「無菌性髄膜炎」を生じやすい
          👇
 使用前には医師、または調剤薬剤師に相談!

小中学生のイメージとして

👆いかなる場合も15歳未満の小児は禁忌!

   👆こちらから、復習していただけます。

     👆「胃潰瘍」のイメージとして。

胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍
 潰瘍性大腸炎クローン病
 既往歴がある人では、再発のおそれ!
         👇
「プロスタグランジン」の産生抑制により、
消化管粘膜の、防御機能を低下させるため

「潰瘍性大腸炎」とは

・免疫抗体の異常などが原因とされる

・大腸に、潰瘍や「びらん」を生じる疾患

「クローン病」とは

・別名「クローン氏病」

・口腔から肛門まで、消化管の全域において
 炎症や、潰瘍を不連続に生じる疾患

イブプロフェンは、生理痛の薬
として、有名な成分名ですよね。
私も、お世話になっています。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました