当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

159|解熱鎮痛薬 ⑻ 頭痛・月経痛・関節痛ほか|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回は、
解熱鎮痛薬の範囲から、様々な「痛み」
等に関する、受診勧奨のお話になります。

一般生活者も、一般知識として
ぜひ!知っておきたい内容です。

最後に、登録販売者ごるごり様の
アドバイス動画を掲載しています。

受診を勧める場合など

  通常、体温が38℃以下であれば、
      平熱になるまで、
 解熱鎮痛薬を使用する必要はないが。。
        👇
 発汗により、水分や電解質が失われる
        👇
スポーツドリンク等で水分補給をすること

ピジョン ミネラルアクア (ペットボトル) ベビー 子ども のみもの 【電解質 水分補給】 水 500ml×24本

「頭痛」の場合

症状が軽いうちに、服用するのが効果的だが、
予防的に」使用することは、適切ではない
         👇
   解熱鎮痛薬の「連用」により、
 頭痛が常態化することがあるため、注意!
         👇
頭痛が再発し、解熱鎮痛薬が手放せなくなる
  「薬物依存」が形成される可能性!

「くも膜下出血」などに要注意!

頭痛の頻度と程度が増し、突然の激しい頭痛、
   手足のしびれや、意識障害など、
 「精神神経系」の異常を伴う頭痛の場合
         👇
くも膜下出血などの、重大な病気の可能性!

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

「月経痛」の場合

年月の経過に伴い、症状が悪化していく場合
         👇
  子宮内膜症などの、病気の可能性!

   👆「子宮内膜症」のイメージとして。

「関節痛」の場合

・歩行時に、膝(ひざ)関節の痛み

・関節の腫れ(はれ)と強い熱感

・起床時に、関節のこわばり等の症状の場合
         👇
 関節リウマチ、痛風、変形性関節炎
       などの可能性!

  👆「関節リウマチ」のイメージとして。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました