当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

176|泌尿器用薬 ⑷ 漢方薬|猪苓湯|竜胆瀉肝湯|牛車腎気丸

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。
排尿異常の改善に用いられる漢方処方製剤
今回は「獣」系、3種類のお話になります。

繰り返しになりますが、全5種類のうち、
甘草を含むのは「竜胆瀉肝湯」のみ!です。

猪苓湯(ちょれいとう)

【効能効果】体力に関わらず

排尿異常があり、ときに口が渇くものの
排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに。


覚え方の語呂合わせ、イメージとしては、
「元気な(体力関わらず)猪に遭遇したら
異常事態(排尿異常)、緊張して口も渇く」

竜胆瀉肝湯            (りゅうたんしゃかんとう)

構成生薬に、甘草を含みます。

【効能効果】体力中等度以上

下腹部に、熱感や痛みがあるものの
排尿痛、残尿感、尿の濁り(にごり)、
こしけ(おりもの)、頻尿に。

【注意点】
胃腸虚弱で、下痢しやすい人には不向き
    ➡ 胃部不快感、下痢などの副作用。

覚え方の語呂合わせ、イメージとしては、
「竜が、濁った痰(たん)を吐いたら、
自分のお腹(下腹部)に貼り付いた」

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

【効能効果】体力中等度以下

疲れやすく、四肢が冷えやすく尿量減少、
むくみがあり、ときに口渇があるものの
下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、
かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、
高血圧の随伴症状に。

【高血圧の随伴症状とは】
 肩こり、頭重、耳鳴りなど。

【注意点】

・胃腸虚弱で下痢しやすい人、または
 のぼせが強く赤ら顔で、体力充実の人
 には不向き
   ➡ 胃部不快感、腹痛、のぼせ、動悸
     などの副作用。

・まれに重篤な副作用
       ➡ 肝機能障害間質性肺炎

 👇こちらから、復習していただけます。


排尿異常の改善に用いられる、漢方処方製剤
のうち、「重篤な副作用」の記載があるのは
「牛車腎気丸」のみ!になります。

牛車腎気丸と「八味地黄丸」は、効能効果が
同じような内容で、体力も同じ中等度以下。

ゆえに「重篤な副作用」の記載があるか否か
で判断、区別できるようにして覚えました。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。


タイトルとURLをコピーしました