当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

179|婦人薬 ⑴ 女性ホルモン|月経前症候群PMS|更年期障害

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回からは、
月経、および月経周期に伴って起こる症状の
緩和を中心とした婦人薬のお話になります。

女性に現れる特有な諸症状の緩和と
保健を主な目的とする医薬品です。

女性のイメージとして

   👆「婦人(女性)」のイメージとして。

「月経」とは

・子宮の内壁を覆っている「子宮内膜」が
 剝がれ(はがれ)落ちて、血液(経血)と
 ともに、排出される生理現象

・妊娠が可能な期間に、ほぼ毎月、
 「周期的に」起こる
     ➡ ただし、妊娠期間中などを除く。

・月経周期には、個人差がある
           ➡ 約21~40日。

「女性ホルモン」の関与

月経周期に関与する、種々の「ホルモン」

視床下部や、下垂体で産生されるホルモン

「視床下部」は、ホルモン分泌
など、様々な調節機能を担います。

②「卵巣」で産生される女性ホルモン

月経前症候群(PMS)

・月経の約3~10日前に現れる、
 「血の道症」のひとつ

・月経開始とともに、症状は消失する

「月経前症候群(PMS)」の症状

身体症状:腹部膨満感、頭痛、乳房痛など

精神症状:感情の不安定、抗うつ など

「閉経」とは

       加齢とともに、
  卵巣からの女性ホルモン分泌が減少
         👇
     やがて月経が停止して、
   妊娠可能な期間が終了すること

👆「女性ホルモン」分泌量のイメージとして。

「更年期障害」とは

・月経周期が不規則になる

不定愁訴として、血の道症が現れる

・冷え症、腰痛、頭痛、ほてり、のぼせ、
 立ちくらみ等が起こる

更年期障害の症状のイメージとして

👆「更年期障害」の症状のイメージとして。

「更年期」とは

 「閉経」の前後に、女性ホルモンの量が、
 体内で、大きく変動する時期。

「不定愁訴」とは

・体の、どこが悪いのか、原因がはっきり
 しない訴えのこと

・全身倦怠感、疲労感、微熱感などの症状
 が特徴

・自律神経失調症などの症状として現れる
 ことも多い

「血の道症」とは

臓器や組織における、形態的な異常がない
 にもかかわらず現れる「精神神経症状」

    抗うつ、寝つきが悪くなる、
   神経質、集中力の低下 など

発症する年齢
    ➡ 必ずしも、更年期とは限らない

「血の道症」考えられる2つの起因

① 生理現象
 ➡ 月経、妊娠、分娩、産褥、 更年期など。

異常生理
 ➡ 流産、人工妊娠中絶、避妊手術など。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました