当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

181|婦人薬 ⑶ 女性ホルモン成分|エストラジオール|過去問

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回は、
婦人薬に配合される代表的な成分のお話と、
後半には、過去問を3つ、お出ししますね。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

女性ホルモン成分

人工的に合成された女性ホルモンの一種です。

   エチニルエストラジオール

エチニル エストラジオールの作用

・エストラジオールの補充

膣(ちつ)粘膜、または外陰部
 適用されるものがある

内服以外も、あります
。。という意味ですね。

エチニルエストラジオールの注意点・副作用

・適用部位から吸収され、循環血液中に移行

妊婦または妊娠しているかも女性
         👇
  胎児の「先天性異常」の発生あり!

授乳婦
    ➡ 成分が乳汁中に移行するおそれ!

妊娠検査のイメージとして

👆「妊婦・妊娠かも・授乳婦」は、禁忌!

よろしければ👆こちらも、ご覧ください。

現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル 第2版

長期連用により「血栓症」のおそれ!
         👇
   乳癌(がん)や、脳卒中などの
    発生率が高まる可能性!

女性ホルモン成分と「血栓症」は
抑えておきたいポイント!です。

登録販売者試験「過去問」より

解答は、画像の後に出ますので、
ゆっくりスクロールしてください。

Q1.エストラジオールを含有する婦人薬
  は、一般用医薬品では内服薬のみが
  認められている。

Q2.エチニルエストラジオールは、
  長期連用することにより、血栓症を
  生じるおそれがある。

Q3.エストラジオールは、妊娠中でも
  安全に使用することができる。

授乳婦のイメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com


A1.
  膣(ちつ)粘膜や、外陰部に適用する
  ものも、あります!

A2.

A3.
  妊婦、または妊娠しているかも女性、
  さらに授乳婦への使用も禁忌!です。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました