当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

185|婦人薬 ⑸ その他の生薬成分|おすすめのYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回に
つづき、今回も「婦人薬」に配合される
その他の 生薬成分の お話をしますね。

「婦人薬」その他の生薬成分

「鎮痛・鎮痙(ちんけい)」作用

    芍薬(シャクヤク)

    牡丹皮(ボタンピ)

   👆 写真は「牡丹(ボタン)園」です。

「立てば 芍薬、座れば 牡丹
歩く姿は百合の花」という美しい
女性を例えた言葉がありますよね。

元々は、生薬の使い方を示す言葉
だそうで、どちらもボタン科です。

「鎮静」作用

    酸棗仁(サンソウニン)

    鹿子草(カノコソウ)

漢方薬の「酸棗仁湯」は👆こちらからどうぞ。

生薬成分カノコソウのイメージとして

   👆写真は、鹿子草(カノコソウ)です。

「カノコソウ(鹿子草)」と
カゴソウ(夏枯草)」は
発音が似ていますよね。

下記の「利尿」作用で、ご案内の
ブログ(174)をご確認ください。

「抗炎症」作用

      甘草(カンゾウ)

生薬の甘草の基原イメージとして

👆「甘草」の基原:マメ科のイメージとして。

「胃腸 症状」に

     黄連(オウレン)

     蒼朮(ソウジュツ)
     白朮(ビャクジュツ)

漢方薬の「黄連解毒湯」は👆こちらをどうぞ。

「利尿」作用

     木通(モクツウ)

     茯苓(ブクリョウ)

漢方薬の「桂枝茯苓丸」は👆こちらをどうぞ。

生薬のモクツウの基原であるアケビ科のイメージとして

  👆 モクツウ(木通)の基原:アケビ科。

茯苓の基原であるサルノコシカケを覚えるためイメージ

   👆 ブクリョウ(茯苓)の基原である
    サルノコシカケ科のイメージとして。

 よろしければ👆こちらも、ご確認ください。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました