当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

236|薬の吸収|消化管吸収(主に内服薬)おすすめYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
まして、今回も「薬が働く仕組み」の範囲
から、「消化管 吸収」の お話をしますね。

最後に、登録販売者ごるごり様
の動画を掲載しておりますので
ぜひ、ご覧くださいませ。

消化管吸収(主に内服薬)

内服薬のイメージとして

      👆「内服薬」のイメージとして。


    「内服薬」のほとんどは。。
          👇
    有効成分が消化管から吸収され
          👇
      循環血液中に移行し。。
          👇
      「全身作用」を示す

「吸収」とは

医薬品が、循環血液中、またはリンパ液中に
移行することです。

  👆 内服薬(固形剤)のイメージとして。

錠剤、カプセル剤など「固形剤」の場合

 消化管吸収の前に、消化管内で「崩壊」し
 有効成分が「」で溶け出すものが多い
          👇
ただし「腸溶性製剤」など特殊なものは除く!

胃で溶けずに「腸」で溶ける!
というCM、ありませんでした?

主に「小腸」で吸収される

 消化管吸収は「受動的」に拡散していく現象
         👇
   「濃度」の高い方から低い方へ

積極的ではなく、あくまでも
受け身の「受動的」な現象!

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

「吸収量」と「吸収速度」

   有効成分は、消化管の内容物や、
  他の医薬品の作用に、影響を受ける
          👇
      有効成分によっては、
  消化管の粘膜に障害を起こすものもある
          👇
  「食事の時間と服用時間」との関係が
   医薬品ごとの用法に定められている

     👆「服用時間」のイメージとして。

「全身作用を目的としない内服薬」の場合

 有効成分は、そのまま糞便中に排泄される
          👇
 しかし中には、消化管内を通過する間に、
 結果的に、吸収されてしまうものがある
          👇
 好ましくない作用(副作用)になることも

 👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました