当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

250|皮膚用薬 ⑸ 非ステロイド性抗炎症成分|NSAIDs

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
まして今回も「皮膚に用いる薬」から「
ステロイド性抗炎症成分のお話になります。

    👆「湿疹・皮膚炎」のイメージです。

❷ 非ステロイド性抗炎症成分

・分子内に「ステロイド骨格」を持たない

・「プロスタグランジン(PG)」の産生を
 抑える作用

・「非ステロイド性抗炎症」の別名を
 「NSAIDs(エヌセイズ)」という

 「プロスタグランジン」は👆こちらから
  復習していただけますので、どうぞ。

❶皮膚の炎症による、ほてり、痒み等の緩和

・湿疹・皮膚炎、かぶれ、あせも等の緩和に

細胞膜の安定化活性酸素の生成抑制など
 による抗炎症作用

・「日焼け」には適応しない

      ウフェナマート

【Amazon.co.jp 限定】【第2類医薬品】PHARMA CHOICE オノフェUFクリーム 20g

「ウフェナマート」の注意点・副作用

・末梢組織(患部局所)における PG 産生を
 抑える作用は、明らかにされていない

・刺激感(ヒリヒリ感)、熱感、乾燥感
 の副作用

       👆「肩こり」のイメージです。

❷筋肉痛、関節痛、打撲などによる「鎮痛」

・肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、腱鞘炎、
 肘の痛み(テニス肘)、捻挫などにも

・皮膚の下層にある
 「骨格筋」や「関節部」まで浸透
        👇
 プロスタグランジンの産生を抑える

11歳未満の小児】
      インドメタシン

15歳未満の小児】
      ケトプロフェン
      フェルビナク
      ピロキシカム
   ジクロフェナクナトリウム

❷ の成分に対する「注意点・副作用」

長期連用
   ➡ まとめ買いや、頻回購入者に注意!
          👇
    過度な使用で、鎮痛の効果は増さない

「安全性」も、未確認です!

化膿している患部、みずむし、たむし等
        👇
  「殺菌作用」は無いので、
  「皮膚感染症」には、効果も無い。
        👇
  「悪化」が自覚されにくくなる!

喘息(ぜんそく)」の既往歴がある人
        👇     
  内服の「解熱鎮痛成分」と同様に、
  「喘息」の副作用のおそれ!

妊婦、または妊娠しているかも女性
        👇
  動物実験において、胎児に動脈管の収縮

小児」への、有効性・安全性
は、未確認となっています。

「インドメタシン」の副作用

  ヒリヒリ感、腫れ、熱感、乾燥感

「ケトプロフェン」の副作用

紫外線」によって使用中、または使用後
重篤な「光線過敏症」が現れることがある!
         👇
    ケトプロフェン配合の外皮用薬を
    使用中や、使用後も当分の間
 天候に関わらず、戸外活動を避けること!

     アナフィラキシー
      接触皮膚炎
      光線過敏症

アナフィラキシー(ショック)は👆こちら。

「ピロキシカム」の副作用

      光線過敏症

接触皮膚炎、光線過敏症は👆こちらへ。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました