当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

254|皮膚薬 ⑼生薬成分|漢方薬(紫雲膏・中黄膏)一般的な対応

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
痒み・腫れ・痛みを抑える「皮膚に用いる薬」
から、生薬成分と、漢方薬のお話になります。

最後に、「湿疹・皮膚炎」などや、
「打撲・捻挫(ねんざ)」などへの
一般的な対応も、お話しています。

4つの「生薬成分」

抗炎症」「血行促進」作用の生薬成分です。

① アルニカ

基原:キク科、アルニカ

   👆「アルニカ」のイメージとして。

② 山梔子(サンシシ)

基原:アカネ科、クチナシの果実、ときに
   湯通し、または蒸したもの

「梔子」と書いて、
「クチナシ」と読みます。

  👆写真は「クチナシの果実」です。

③ 黄柏(オウバク)

【日本薬局方収載】

内服:オウバク末は「健胃」「止瀉」作用。
 
外用:打ち身、捻挫(ねんざ)に用いる
   (水で練って、患部に貼る)。

④ 西洋栃ノ実(セイヨウトチノミ)

西洋栃ノ実の詳細は👆こちらをどうぞ。

漢方処方製剤(漢方薬)

外皮用」の漢方処方製剤は、下記の
2種類になります。

  ① 紫雲 膏(しうんこう)

  ② 中黄 膏(ちゅうおうこう)

① 紫雲膏(しうんこう)

当帰(トウキ)、紫根(シコン)、
豚油、ゴマ油などが配合されています。

【効能効果】
 
 ひび、あかぎれ、しもやけ、うおのめ、

 あせも、ただれ、外傷、火傷(やけど)、

 痔核(じかく)による疼痛(とうつう)、

 肛門裂傷、湿疹・皮膚炎に。

【注意点】下記の場合は「不向き」

 ・湿潤、ただれ
 ・火傷または外傷が、ひどい
 ・化膿している傷口
 ・患部が広範囲 

【第2類医薬品】紫雲膏 50g

② 中黄膏(ちゅうおうこう)

黄柏(オウバク)、ウコン、ゴマ油
などが配合されています。

【効能効果】

 急性 化膿性 皮膚疾患(腫れ物)の初期、

 打ち身、捻挫(ねんざ)に。

【注意点】下記の場合は「不向き」

 ・湿潤、ただれ
 ・火傷(外傷)が、ひどい
 ・化膿している傷口
 ・患部が広範囲

【第2類医薬品】中黄膏ダイコー 50g

中黄膏には「パップ剤(貼り薬)」がある
        👇
   捻挫、打撲、関節痛、腰痛、
     筋肉痛、肩こりに。

一般的な対応

「湿疹・皮膚炎」などの場合

・皮膚への刺激を避ける
 ➡ 洗浄力の強い石けん等の使用は避ける。

・患部を搔(か)かない

・紫外線や、ストレス、発汗を避ける

「打撲・捻挫(ねんざ)」などの場合

・患部を冷やす
 ➡ 氷嚢(ひょうのう)などで冷却すると
   内出血を最小限にし、痛みの緩和に。

       👆「氷嚢」で足を冷やす犬。

・弾性のある包帯や、サポーターで軽く圧迫
 し、患部を心臓よりも高くする
         ➡ 患部の腫れを抑える。

患部を心臓より高く上げるイメージとして

👆患部を「心臓より高く」するイメージ。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました