当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

256|皮膚薬 ⑾ にきび・吹き出物|抗菌成分|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回は、
「にきび」等が発生する要因や、受診勧奨、
代表的な「抗菌成分」のお話になります。

吹き出物・ニキビのイメージとして

👆「にきび・吹き出物」のイメージとして。

にきび・吹き出物などの発生要因

最も一般的な「化膿性 皮膚疾患」です。

ストレス等で肌の「新陳代謝機能」が低下
        👇
毛穴の「皮脂」や、古い「角質」が溜まる
        👇
皮膚常在菌の「アクネ菌(にきび桿菌)」
が老廃物の詰まった、毛穴の中で繫殖する
        👇
「炎症」を起こし、他の細菌の感染を誘発
        👇
膿疱(のうほう)や、脳腫(のうしゅ)に

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

「毛嚢炎(もうのうえん)」とは

化膿菌(黄色ブドウ球菌など)が毛穴から侵入
         👇
皮脂腺、汗腺で、増殖して生じる「吹き出物」
         👇
にきびと比較すると、「痛みや腫れ」が顕著
         👇
顔面に生じた毛嚢炎は「面疔(めんちょう)」

黄色ブドウ球菌のイメージとして

👆「黄色ブドウ球菌」のイメージとして。

「とびひ」とは

 毛穴を介さずに、虫さされや、あせも、
 搔(か)き傷などから、化嚢菌が侵入
         👇
  水疱や、かさぶた、ただれを生じる
   (「小児」に、発症が多い)
         👇
水疱が破れて、分泌液が付着すると、皮膚の
他の部分や、他人の皮膚に広がることがある

受診を勧める場合

・患部が広範囲、湿潤や、ただれがひどい

・5~6日間使用しても改善しない場合
     👇
 漫然と使用すると、
 化膿菌が「耐性」を得るおそれ!

代表的な「抗菌成分」3種

❶ 細菌の「DNA合成を阻害」

      【 サルファ剤 】

      スルファジアジン
      ホモスルファミン
     スルフイソキサゾール

❶ の「覚え方の語呂合わせ・イメージ」

  シンプルに「サルのDNAを阻害する

      👆「サル」のイメージとして。

❷ 細菌の「細胞 壁 合成を阻害」

      バシトラシン

❷ の「覚え方の語呂合わせ・イメージ」

シンプルに「石(バシ)の壊す
                👇
     「壊す」は「阻害する」とイメージ

 👆「石橋の壁を壊す」イメージとして。

❸ 細菌の「タンパク質 合成を阻害」

    フラジオマイシン硫酸塩
     クロラムフェニコール

❸ の「覚え方の語呂合わせ・イメージ」

わんぱく坊主に、黒いラジオされた」
         👇
 タンパク質、クロラム、フラジオ、阻害

   👆「黒いラジオ」のイメージとして。

おすすめ!登録販売者お月見さま

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました