当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

271|禁煙補助剤 ⑴ ニコチン置換療法|おすすめYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回に
つづきまして「口」つながりとして今回
からは「禁煙補助剤」のお話になります。

ニコチンを有効成分とする医薬品で
脳の情動を司る部位に働きます。

「情動」とは、怒り・恐れなどの
本能的な、感情の動きのことです。

    👆「禁煙」のイメージとして。

喫煙の習慣と「ニコチン」

  ニコチンは、タバコの煙に含まれている
          👇
 肺胞の毛細血管から、血液中に取り込まれる
          👇
 脳内に到達し「覚醒・リラックス効果」など
          👇
喫煙していないと「血中ニコチン濃度」が低下
          👇
 「ニコチン離脱症状(禁断症状)」が現れる
    (➡ イライラ感、落ち着かない等)
          👇
  喫煙習慣からの離脱(禁煙)が困難になる

気管・気管支・肺のイメージとして

      👆「肺胞」のイメージとして。

「ニコチン置換療法」

 ニコチンの摂取方法を、喫煙以外に換える
         👇
離脱症状を軽減しながら徐々に摂取量を減少
         👇
最終的に、ニコチンの摂取をゼロにする方法

「禁煙補助剤」の相互作用

・口腔内が「酸性」になると。。
      👇
 ニコチンの「吸収が低下
      👇
 コーヒーや、炭酸飲料など、
 口腔内を「酸性」にする食品を摂取後
 は、しばらく使用を避けること!

・ニコチンは「交感神経系」を興奮させる
         👇
 「アドレナリン作動成分」を含む医薬品
 との併用で、作用を増強させるおそれ!

「交感神経系」の詳細は👆こちらをどうぞ。


・「禁煙補助剤」は、
 喫煙を完全に止めた上で、使用すること
         👇 
「血中ニコチン濃度」が急激に高まるため

カフェインのイメージとしてのコーヒー

👆コーヒー(酸性)摂取直後の使用は

心臓疾患、脳血管障害、バージャー病、
 高血圧、甲状腺機能障害、糖尿病、
     咽頭炎、食道炎、
  胃・十二指腸潰瘍(かいよう)、
    肝臓病、腎臓病の人
        👇
治療に影響を生じ、症状悪化の可能性!

「インスリン製剤」を使用している人はNG!

「糖尿病」でインスリン製剤を使用している
と、ニコチンがインスリンの血糖降下作用に
拮抗(きっこう)し、効果を妨げるおそれ!

アドバイス・受診を勧める場合

     👆「禁煙外来」のイメージとして。

・通常、ニコチン離脱症状は、禁煙開始から
 「1~2週間」の間に、起きることが多い

・「禁煙達成」のためには、初めから
 無理に、使用量を減らそうとしないこと
         👇
 禁煙補助剤で、ニコチン離脱症状を軽減
 しながら、徐々に使用量を減らしていく

・禁煙補助剤は長期間使用するものではない
         👇
 添付文書で「期限」が、定められている

・重度の依存を生じ、禁煙達成が困難な場合
        👇
 「ニコチン依存症」の治療をする
    「禁煙外来」を受診!

 👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました