当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

277|滋養強壮保健薬 ⑸ビタミンC|カルシウム|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
「滋養強壮保健薬」に配合されるビタミンC
ビタミン成分、ビタミン様物質のお話です。

後半「登録販売者お月見」様の動画
の後に「ビタミンD」と関連する
カルシウム成分もお話しています。

ビタミンC(アスコルビン酸)

👆「しみ・そばかす」のイメージとして。

    アスコルビン酸ナトリウム

    アスコルビン酸カルシウム

「ビタミンC」の作用

・「脂質」を酸化から守る(抗酸化作用

皮膚や、粘膜の機能を正常に保つ

・「メラニン」の産生を抑える

「ビタミンC」の効果

・しみ、そばかす、日焼け、かぶれによる
 「色素沈着」の緩和に

・「歯ぐき」からの出血鼻血予防

・肉体疲労時や、病中病後の体力低下時、
 老年期の補給に

鼻血の対処法イメージとして

     👆「鼻血」のイメージとして。

その他「ビタミン成分」

皮膚や、粘膜などの機能維持を補助します。

ビタミンB3:ナイアシン
      (ニコチン酸アミド)

ビタミンB5:パントテン酸カルシウム

ビタミンB7またはH:ビオチン など

その他「ビタミン様物質」

「かぜ薬」などにも配合され、
ビタミンC」の吸収を補助します。

ヘスペリジン(ビタミン様物質の一つ)

よろしければ👆こちらもご覧ください。

おすすめ!登録販売者お月見さま

 👆おすすめのYouTubeチャンネルです

カルシウム成分

    クエン酸カルシウム
   グルコン酸カルシウム
      乳酸カルシウム
    沈降炭酸カルシウム など

「カルシウム成分」の作用

・骨や、歯の形成

・筋肉の収縮、血液凝固、神経機能にも関与

・虚弱体質、腺病質での、骨や歯の発育促進

・妊娠または授乳期での、骨や歯の脆弱予防

「腺(せん)病質」とは

貧血などになりやすい、虚弱体質のこと。

「カルシウム成分」の注意点・副作用

過剰症として「高カルシウム血症

   カルシウム成分 ビタミンD

脂溶性ビタミンの「ビタミンD」
と関連性が高いため、過剰摂取
は N G!というイメージですね。

高カルシウム血症」詳細は👆こちら。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました