当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

284|小児鎮静薬 ⑴ 夜泣き・ひきつけ・疳の虫|要因|受診勧奨

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回からは、
夜泣き・ひきつけ・疳(かん)の虫」への
鎮静つながり、小児鎮静薬のお話になります。

鎮静作用のほか、
血液循環促進作用のある生薬成分
中心に配合されています。

小児の疳、夜泣きのイメージとして

👆「小児の疳、夜泣き」のイメージとして。

「小児の疳」を適応症とする

  身体的に問題がなく、基本的な欲求が
   満たされていても、症状は現れる
          👇
  情緒不安定・神経過敏が要因のひとつと
  されるが、睡眠リズムが形成されるまで
  の「発達の一過性」とも考えられている

「括約筋」が未発達で、胃食道逆流にも起因

乳児では、食道と胃を隔てる括約筋が未発達
          👇
  胃の内容物を保てず「胃食道逆流」に
          👇
  むずがり、夜泣き、乳吐き等を起こす

食道の括約筋が胃液の逆流を防ぐイメージとして

👆食道と胃を隔てる括約筋のイメージとして。

「成長に伴い、自然に治まる」のが通常

  「夜泣き・ひきつけ・疳の虫」を鎮める
   ほか、虚弱体質や、消化不良など
  「体質の改善」を主眼とするものが多い
          👇
   比較的、長期間(1か月位)継続
     して、服用されることがある

保護者が「達観」することも重要!

発達段階の一時的な症状であり、保護者側
の「安眠」などを目的に使用するのは NG!

【第3類医薬品】宇津救命丸「糖衣」 150粒

「生薬製剤」と「漢方処方製剤」がある

いずれも、古くから伝統的に用いられている
         👇
 「作用が穏やかなので、小さな子どもが
  使用しても、副作用がない」などど、
  安易に使用されないよう、情報提供を!

「生薬製剤」については👆こちらをどうぞ。

受診を勧める場合

・一定期間または一定回数、服用しても
 改善しない場合
    ➡ アレルギーや、ウイルス性胃腸炎
      などの可能性も考えて、継続して
      使用せずに、受診!

・乳幼児では「一過性」の下痢や、発熱が
 しばしば起きる
 ➡ 激しい下痢や、高熱では「脱水症状」
  につながるおそれあり、受診!

・吐瀉物(としゃぶつ:吐き出したもの)
 が「緑色」または、血が混じっている
 場合は、受診!
    ➡「胆汁」が混じると、緑色になる。

乳幼児では、自分の体調を
適切に伝えることが難しいので、
「観察と見極め」が重要です!

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました