当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

287|催眠鎮静薬|眠気を促す薬 ⑴抗ヒスタミン|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回からは、
睡眠を促し、精神の昂(たか)ぶりを鎮める
催眠 鎮静 薬」の、お話になります。

安静のイメージとして

👆「眠気を促す薬」のイメージとして。

「自律神経系」のバランスが崩れる

日常生活でのストレスや、生活環境の変化など
様々な要因によって「精神神経症状」を生じる
          👇
  寝つきが悪い、眠りが浅い、イライラ感、
   緊張感、精神興奮、精神不安など
          👇
 十分な休息がとれず、疲労倦怠感や、頭重
  などの「身体症状」を伴う場合もある

 「自律神経系」の詳細は👆こちらをどうぞ。

末梢神経系から2つに分類されるイメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

相互作用

・他の医薬品との併用により、効き目や
 副作用が増強するおそれ
        ➡ 服用時の「飲酒」も

・不眠症(睡眠障害)や、不安症、神経症
 などの「治療中の人」は
      ➡ 薬物治療 以外の治療を含む。

受診を勧める場合

症状が「慢性的」に続く場合
    ➡ うつ病などの精神神経疾患や、
      病気による不眠、
      催眠鎮静薬の使いすぎによる不眠
     などの可能性、受診!

4つの「睡眠障害」

❶ 入眠障害
➡ 床に入っても、なかなか寝つけない。

❷ 熟眠障害
  ➡ ぐっすりと、眠った感じがしない。

❸ 中途覚醒
➡ 何度も目覚め、また寝つくのが困難。

❹ 早朝覚醒
➡ 早く目が覚めてしまい、寝つけない。

不眠のイメージとして

    👆「不眠」のイメージとして。

抗ヒスタミン成分

一時的な」睡眠障害の緩和に用いられます。

    ジフェンヒドラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミンは「中枢作用」が強め!

  ヒスタミンは「覚醒の維持・調節」に
    関与する、生体内情報伝達物質
          👇
脳内のヒスタミン刺激を抑えて、眠気を促す
          👇
抗ヒスタミン成分の中でも、特に作用が強め

「ジフェンヒドラミン」の注意点・副作用

慢性的な不眠症状や、不眠症の人
         👇
  医療用医薬品の睡眠薬と区別するため
  一般用医薬品では「睡眠改善薬」や、
  「睡眠補助薬」と呼ぶ。

妊婦、または妊娠しているかも女性
         👇
     妊娠中の睡眠障害は、
  ホルモンバランスや、体型の変化が
    原因のため、適応対象外

授乳婦 ➡ 乳児に「昏睡」のおそれ!

特に15歳未満の小児(若年者を含む
         👇
  眠気とは反対の副作用で、神経過敏や
   中枢興奮などが現れることがある!

小中学生のイメージとして

👆「15歳未満の小児」への使用は禁忌!

     目覚めた後も。。
        👇
  注意力の低下や、寝ぼけ様症状、
     判断力の低下など、
一時的な意識障害、めまい、倦怠感を
  起こすことがあるため、注意!
        👇
   乗り物・機械類の運転操作

よろしければ👆こちらも、ご確認ください。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました