当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

293|眠気防止薬 ⑵相互作用・摂取上限|補助成分|ビタミン成分

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
「眠気を防ぐ薬」より相互作用と休養の勧奨、
補助成分「ビタミン成分」のお話になります。

「眠気防止薬」の相互作用

カフェインのイメージとしてのコーヒー

👆「カフェイン」が含まれているコーヒー。

      眠気防止薬における
   「カフェインの摂取上限」

      1回 200 mg
      1日 500 mg

  👆「カフェイン」を含むチョコレート。

カフェインの「重複摂取」に注意!

他の医薬品を使用したことによる「眠気」を
抑えるために、眠気防止薬を使用するのは
         👇
かぜ薬や、アレルギー用薬など多くの医薬品
のほか、ビタミン含有保健剤など医薬部外品、
食品、お茶、コーヒーなど飲料にも含まれる
         👇
眠気防止薬との同時接種で、カフェイン過量
         👇
「中枢神経系」や「循環器系」への作用が
      強く現れるおそれ!

休養・受診を勧める場合

「一時的に精神的な集中」が必要なときに!

「疲労を解消」したり、「睡眠が不要」
になるものでは、ありません!

👆「一時的に精神的な集中」のイメージとして。

「睡眠時無呼吸症候群」など

眠気防止薬では、抑えられない症状が続く場合
         👇
  睡眠時無呼吸症候群、重度の不安症、
うつ病、ナルコレプシー等の可能性、受診!

「ナルコレプシー」とは、十分な
睡眠がとれていても、突然、耐え
難い眠気の発作が起こる病気です。

「小児用」の眠気防止薬は、ない!

成長期の小児の発育には、睡眠が重要です。

15歳未満の小児に、使用されないよう注意!

小・中学生の、試験勉強に効果があると
誤解され、「誤用事故」の事例があります。

小中学生のイメージとして

  👆「寝る子は育つ」といいますよね。

補助成分(ビタミン成分)

眠気による、倦怠感を和らげます。

① ビタミンB1(チアミン)

チアミン硝化物、チアミン塩化物塩酸塩 など

② ビタミンB2(リボフラビン)

リボフラビンリン酸エステルナトリウム など

③ ビタミンB6(ピリドキシン)

ピリドキシン塩酸塩 など

④ ビタミンB12(シアノコバラミン)

その他 👇

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

  ニコチン酸アミド(ビタミンB3)

アミノエチルスルホン酸(タウリン)など

よろしければ👆こちらもご覧ください。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました