当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

304|殺虫剤・忌避剤⑸剤形と用法|スプレー剤・燻蒸剤他|過去問

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。
殺虫剤と忌避剤、いよいよラストの今回は、
主な「剤形」と、その用法のお話になります。

後半に過去問をお出ししています。
ぜひチャレンジしてみてください。

主な「剤形」と用法

① スプレー剤

❶ 衛生害虫に直接、噴射して殺滅させる

❷ 衛生害虫が、潜んでいる場所や、
 通り道に吹き付ける ➡「残留噴射

❸ 部屋を閉め切り、部屋の広さに応じて
 一定時間、噴射して殺滅 ➡「空間噴射

② 燻蒸(くんじょう)剤

・容器中の医薬品を「煙状」または「霧状」
 にして、一度に大量放出させる

・「燻蒸処理」が完了するまでの間は、
 部屋を閉め切って、退出する

③ 毒餌剤(誘因殺虫剤)

・主に「ゴキブリ」を誘引する成分を配合

・マット状、ペレット状、ペースト状など

・乳幼児などが誤って口にしないよう、留意

④ 蒸散剤

・加熱時または常温で、徐々に揮散する

・医薬部外品を除き、通常、一般家庭での
 使用は少ない

⑤ 粉剤・粒剤

・「粉剤」は、主に「ダニ、シラミ、ノミ」
 の防除において散布される

・「粒剤」は「ボウフラ」の防除において、
 生息する「水系」に投入される

⑥ 乳剤・水和剤

・原液を、水で希釈して使用する

・通常、個人よりも、地域ぐるみでの
 害虫駆除で使用される

⑦ 油剤

・「湿気」を避ける必要がある場所でも
 使用可能

・「噴射器具」を必要とするため、
 一般生活者が、家庭で使用することは
 ほとんど、ない

登録販売者試験「過去問」より

解答は、画像の後に出てきますので
ゆっくりスクロールしてください。

Q.殺虫成分に関する記述である。
 該当する殺虫成分を ❶ ~ ❺ から選べ。

除虫菊の成分から開発された成分で、
比較的、速やかに自然分解して残効性が
低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられ
ている。

❶ ダイアジノン ❷ フェノトリン
❸ メトプレン  ❹ プロポクスル
❺ オルトジクロロベンゼン

ピレスロイド系殺虫成分の基原である除虫菊のイメージとして

   👆「除虫菊」のイメージとして。

A.正解は でしたよね。

 👆 こちらから、復習していただけます。

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました