当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

306|一般用検査薬 ⑵ 尿糖・尿タンパク検査薬|通常尿は弱酸性

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回に
つづきまして、一般用検査薬より今回は、
尿糖・尿タンパク検査薬のお話になります。

余談ですが、接客業をしていた
頃は、トイレに行くのが困難で
何度か、腎臓を患いました。

疲れが溜まると、発症を繰り返す
という。。人件費削減の弊害?

尿糖・尿タンパク検査薬

・尿中の糖や、タンパク質の有無を調べる

・検査の結果をもって、直ちに疾患の有無
 や、種類を判断するものではない

自宅で簡単 尿検査キット 生活習慣病3項目(糖・蛋白・潜血)検査 糖尿病リスクチェック メタボ

異常を生じる要因

・「腎臓機能障害」によるもの
         ➡ 腎炎、ネフローゼ

・「尿路」の異常によるもの
  ➡ 尿路感染症、尿路結石、膀胱炎など。

「泌尿器系」の機能や、血糖値が正常で
あれば、糖分やタンパク質は「腎臓」の
尿細管で、ほとんど「再吸収」されます。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

検査の結果に影響を与える要因

① 採尿のタイミング

❶ 尿検査 ➡ 食後1~2時間


❷ 尿タンパク検査 ➡ 原則「早朝尿
               👇
          激しい運動の直後

  👆引用元:https://www.ac-illust.com


❸「同時」検査(尿・尿タンパクの両方)
          👇    
      早朝尿(起床直後の尿)
          👇
    「尿」が検出された場合は。。
          👇
 「食後の尿」を改めて検査して、判断する

尿糖の検査で異常がある場合、その要因は
高血糖」と、結び付けられることが多い
         👇
   しかし「腎性糖尿」などのように
   高血糖を伴わないこともある!

② 採尿方法

    「中間尿」を採取・検査する
          👇
   出始めの尿は、尿道や外陰部などに付着
   した細菌や、分泌物が混入することも

現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品

③ 検体の取扱い

    採尿後は、速やかに検査する
          👇
   放置すると、雑菌の繫殖などで、成分の
   分解が進み、結果に影響を与えるおそれ!

現場で使える 新人登録販売者便利帖 もっと症状から選ぶOTC医薬品

④ 食事などの影響

・通常、尿は「弱酸性
        👇
     食事などの影響で
 「中性 ~ 弱アルカリ性」に傾くと。。
        👇
 正確な検査結果が得られないこともある

「尿は、っぱい、弱酸性」と
いう、イメージで覚えました。

・医薬品の成分の中にも、
 検査の結果に影響を与えるものがある
         👇
 医療用医薬品、または一般用医薬品を
   使用している場合は、相談!

受診を勧める場合

  検査の結果、尿糖または尿タンパクが
   「陰性」でも、症状がある場合
          👇
      再検査、または受診!

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました