当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

307|一般用検査薬 ⑶ 妊娠検査薬|尿中hCG|続発性無月経

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
まして「一般用検査薬」のうち、2つ目の
今回は「妊娠検査薬」のお話になります。

私も、若い頃には、
お世話になりました。

妊娠検査薬

妊娠の早期判定「補助」として、尿中の
h C G」の有無を調べます。

検査結果によって、直ちに
妊娠か否かを断定するもの
ではない点に、注意です。

あくまでも「補助」であり、妊娠
確定診断を目的としていません!

妊娠中に、風疹や、水痘(水疱瘡)
などにかかると、胎児に先天異常
生じることがあります!

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCGa 2回用 2本

早期発見の意義

・妊娠12週までの「妊娠初期」は。。
        👇
 胎児の脳や、内蔵など、諸器官が
 形づくられる、重要な時期である

母体が、摂取した物質の
影響を受けやすい時期です!

・通常「妊娠週数」は、
 「最後の月経開始日」から起算される
         👇
 妊娠成立日を、厳密に特定するのは困難!

胎児のイメージとして

 👆「胎児(たいじ)」のイメージとして。

検査の結果に影響を与える要因

・妊娠すると、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン
 ( h C G )が分泌され始める
       👇
  やがて、尿中に h C G が検出される

・通常、妊娠が成立してから、4週目前後
 尿中 h C G 濃度を「検出感度」とする

① 検査の時期

月経予定日を過ぎて、概ね(おおむね)
1週目以降の検査が、推奨されています。

② 採尿のタイミング

    尿中 h C G が検出されやすい、
   起床直後の「早朝尿」が向いている
          👇
    尿が濃すぎると、正確な結果が
      得られないこともある

③ 検出反応と環境

 尿中hCGの検出反応は、hCGと「特異的に
   反応する、抗体や酵素を用いた反応
          👇
   「温度」の影響を受けることがある!

検査薬を、高温になる場所に放置、または
冷蔵庫内に保管されると、設計どおりの
検出感度」を発揮できなくなるおそれ!

高温注意のイメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

④「偽陽性」

   高濃度のタンパク尿や、糖尿の場合は、
    「非特異的な」反応が生じる
          👇
    「偽陽性」を示すことがある!

⑤ ホルモン分泌の変動

妊娠していなくても、h C G が分泌されて、
検査の結果「陽性」となることがあります。

絨毛(じゅうもう)細胞が、
 腫瘍化(しゅようか)している場合

❷「閉経期」に入っている人

❸ 経口避妊薬や、更年期障害治療薬など
 の「ホルモン剤」を使用している人

閉経や、更年期障害については👆こちらです。

冷蔵庫のイメージとして

👆 検査薬の「冷蔵庫内への保管」は N G!

受診を勧める場合

 検査の結果「陰性」であるにもかかわらず、
     月経の遅れが、著しい場合
          👇
   ❶「偽陰性」であって、実際は妊娠
    している可能性!
  
   ❷ 続発性無月経などの、病気のおそれ!

「続発性無月経」とは

   月経が3か月以上、こなくなる疾患
          👇
    ❶ 無理なダイエットや、拒食症
    ❷ 過度のスポーツ などが原因

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました