当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

312|循環器用薬 ⑴ 三黄瀉心湯・七物降下湯|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回からの
流れで今回は、その他の「循環器用薬」より
2種類の「漢方処方製剤」のお話になります。

循環器系の副作用の解説のためイメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

その他の「循環器用薬」

高血圧や、心疾患に伴う、諸症状の改善に

・体質の改善、または症状の緩和を主眼とする

・一般用医薬品の使用は「補助的」なもの
          👇
 疾患そのものを治療するものではない

「循環器用薬」の相互作用

強心薬」などとの併用
    ➡ 作用が増強して、心臓に負担、
      副作用が現れやすくなるおそれ!

強心薬に関しては👆こちらをご確認ください。

漢方処方製剤(漢方薬)

2種類の、どちらも「甘草」を含みません

 よろしければ👆こちらも、ご確認ください。

症状・体質からしっかり選べる! 薬剤師・登録販売者のための フローチャートでわかる漢方薬虎の巻

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

 構成生薬:大黄・黄芩・黄連 ➡「三黄」

【効能効果】体力中等度以上 👈 大黄あり

 のぼせ気味で、顔面紅潮、精神不安、

 みぞおちのつかえ、便秘傾向のあるものの

 高血圧の随伴症状、鼻血、痔出血、便秘

 更年期障害、血の道症に。

【高血圧の随伴症状】
のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安。

大黄に関しては👆こちらからご確認ください。

「大黄」が入っている漢方薬は、
体力がある人(中等度以上)や、
便秘の人向け、と連想できますね。

「三黄瀉心湯」の注意点・副作用

・体力虚弱、胃腸虚弱で下痢しやすい人、
 出血が長引いている人には不向き
         👇
 激しい腹痛を伴う下痢などの副作用

  瀉下(しゃげ)薬」との併用

・「鼻血」に対しては、5~6回使用しても
 改善しない場合は、相談!

・「痔出血」「便秘」に用いる場合
         👇
 1週間位使用後、改善しなければ、相談!

・他の症状には比較的、長期間(1か月位)
 服用されることもあるため、注意!

鼻血の対処法イメージとして

      👆「鼻血」のイメージとして。

七物降下湯(しちもつこうかとう)

構成生薬:当帰、芍薬、川芎、地黄、黄耆、
     黄柏、釣藤鈎 ➡「七物」

【効能効果】体力中等度以下

 顔色が悪く、疲れやすい、胃腸障害のない
 
 ものの、高血圧の随伴症状に。
         👇
  (のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)

注意点・副作用 👈 ✕ 15歳未満の小児

・胃腸虚弱で、下痢しやすい人には不向き
 ➡ 胃部不快感などの副作用。

・比較的、長期間(1か月位)服用される
 こともあるため、注意!

「小児向け」ではありません

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました