当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

316|鎮咳去痰薬 ⑴ 仕組みと働き|鎮咳成分|YouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。とうとう次男
も、花粉症なのか?最近、口呼吸からの咳が。
そんな今回からは「鎮咳去痰薬」のお話です。

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬

咳(せき)を止めて、
痰(たん)を出しやすくします。

① 咳を鎮める ② 痰の切れを良くする
③ 気管支拡張 ④ 気道の炎症を和らげる
         👇   
  これらの成分を、組み合わせ配合。

「咳」が生じる仕組み

  気道に吸い込まれた異物(ほこり等)が
 気道粘膜の「線毛運動」で排出されない等
          👇
  排除しようとして、反射的に出る反応
          👇
   「中枢神経系」に、刺激が伝わって
   延髄にある「咳嗽(がいそう)中枢」
    の働きにより、引き起こされる

延髄にある中枢への刺激作用がある成分の作用部位イメージとして

  👆引用元:https://www.ac-illust.com

「痰」が生じる仕組み

  呼吸器官に、感染を起こしたときなどに
 「気道粘膜」からの「粘液分泌」が増加
          👇
   粘液や、気道に入り込んだ異物、
 粘膜上皮細胞の残骸などが、混じったもの

気道粘膜に炎症が生じても、咳を誘発し
炎症に伴って、気管・気管支が「収縮」
して「喘息(ぜんそく)」になることも。

 喘息については👆こちらをご確認ください。

ズルい合格法シリーズ ズルい!合格法 医薬品登録販売者試験対策 鷹の爪団直伝!参考書 Z改(令和4年3月手引き改正対応)

鎮咳成分

・「中枢神経系」に作用して、咳を抑える
      ➡「延髄」の咳嗽中枢に作用。

・「❶ 麻薬性」と「❷ 非麻薬性」がある

❶ 麻薬性鎮咳成分 👈「依存性」あり!

・「モルヒネ」と同じ基本構造

・「便秘」の副作用
     ➡ 胃腸の運動を低下させる作用。

妊婦
 ➡ 成分の一部が、血液-胎盤関門を通過
          👇
   分娩時の服用で、新生児に呼吸抑制。

授乳婦
 ➡ 母乳への移行で、乳児にモルヒネ中毒
          👇
 授乳中は服用しない、または授乳を避ける。

12歳未満の小児
     ➡ 令和元年7月9日 厚生労働省
       から「禁忌」と示された。

     コデインリン酸塩 水和物
 
 ジヒドロコデインリン酸塩

ズルい合格法シリーズ ズルい!合格法 医薬品登録販売者試験対策 出る順 過去問題集 Z改(令和4年3月手引き改正対応)

❷ 「非」麻薬性鎮咳成分

   ノスカピン
   ノスカピン塩酸塩 水和物

 デキストロメトルファン
     臭化水素酸塩 水和物

     ペピジンヒベンズ酸塩
 クエン酸チペピジン

     ジメモルファンリン酸塩

  クロペラスチン塩酸塩
  クロペラスチンフェンジゾ酸塩 など

 デキストロメトルファン
       フェノールフタリン塩
(主に、トローチ剤、ドロップ剤に配合)

覚え方の語呂合わせ・イメージ

登録販売者ごるごり様より
 「咳止めるのは、クロノス知人
         地面盛るから、できた話」

「鎮咳」の生薬成分

半夏(ハンゲ)👈 重要!

基原:サトイモ科、カラスビシャクの塊茎
        (コルク層を除いたもの)

作用:中枢性の鎮咳

他にも、たくさんの生薬成分たちが
後ほど、登場します。お楽しみに。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました