当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

245|剤形 ⑶ カプセル剤|外用の剤形(軟膏剤・クリーム剤他)

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。前回につづき
今回も「剤形」の違いと、適切な使用方法より
カプセル剤と、外用の剤形のお話をしますね。

❺ カプセル剤

    👆「カプセル剤」のイメージとして。


・カプセル内に散剤や、顆粒剤、液剤などを
 充填(じゅうてん)した剤形

・固形製剤のため「❶ 錠剤」と、ほぼ同じ
 特徴

「❶ 錠剤」の詳細は👆こちらから、どうぞ。

「ゼラチン」アレルギーの人は ✕

  カプセルの原材料は「ゼラチン」が多い
          👇
 ゼラチンは、ブタなどのタンパク質が主成分
          👇
 ゼラチンに対して、アレルギーのある人は
     使用を避けるなど、注意!

     👆「ゼラチン」のイメージとして。

喉(のど)や食道に、張り付くことがある!

   水なしで服用すると、ゼラチンが。。
          👇
 「喉」や「食道」に張り付くことがある
          👇
必ず適切な量の水または、ぬるま湯で服用!

❻ 「外用局所」に適用する剤形

① 軟膏(なんこう)剤

・「油性」の基剤で、皮膚への刺激が弱い

・適用部位を水から遮断したい!ときに

・患部が「乾燥」または「湿潤
       👇
 どちらの場合でも使用可能


② クリーム剤

・「油性」の基剤に、水分を加えたもの

・適用部位を水で洗い流したい!ときに

・皮膚への刺激が強い!ため
      👇
 傷などへの使用は避ける!

「軟膏剤」と「クリーム剤」は、ともに
 有効成分が適用部位に留まりやすい


③ 外用液剤

・軟膏剤や、クリーム剤と比較すると、
 患部が乾きやすい

・適用部位に、直接的な「刺激感」などを
 与えることも


④ 貼付(ちょうふ)剤

・皮膚に貼り付ける剤形のため、適用部位に
 有効成分が「一定時間」留まる

薬効の持続が期待できるが、適用部位に
 「かぶれ」などを、起こすこともある

・「テープ剤」と「パップ剤」がある


⑤ スプレー剤

・有効成分を「霧(きり)状」にする等して
 局所に、吹き付ける剤形

・手指などでは、塗りにくい部位や、
 広範囲に適用しやすい


ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました