当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

294|鎮暈薬(乗物酔い防止薬)⑴めまい|おすすめYouTube

hyougakiseyoをフォローする
スポンサーリンク




こんにちは。氷河 期世代です。今回からは、
私も小学生の頃には、お世話になりました
乗り物酔い防止薬鎮暈薬)のお話です。

乗り物酔いのイメージとして

 👆「乗り物酔い」のイメージとして。

めまい(眩暈:げんうん)の要因

  体の平衡(へいこう)を感知・保持する
 「平衡機能」の異常により、起こる症状
          👇
  「内耳」にある「平衡器官」の障害や、
  中枢神経系の障害など、要因は様々

 👆平衡器官は「前庭(ぜんてい)」です。

「鎮暈(ちんうん)薬」の目的

乗り物酔い(動揺病)による、めまい、
吐きけ、頭痛を防止・緩和します。

妊婦の「つわり」に伴う、吐きけには

     他の医薬品との併用は
          👇
  配合成分の重複摂取により、鎮静作用や
    副作用が、強く現れるおそれ!

主な配合成分と副作用

① 眠気を促す

 抗めまい成分、抗ヒスタミン成分、
 抗コリン成分、鎮静成分。

② 散瞳(さんどう)👉 抗コリン成分

散瞳」による目のかすみや、異常な眩しさ
  (まぶしさ)を引き起こすことがある
          👇
     乗り物・機械類の運転操作

よろしければ👆こちらも、ご確認ください。

運転禁止のイメージとして

👆「乗り物・機械類の運転操作」は禁忌!

受診を勧める場合など

「3歳未満の乳幼児」向けの製品は、ない!

3歳未満では、ほぼ乗り物酔いは起こらない
   (「自律神経系」が未発達のため)
          👇
   乗り物で、機嫌が悪くなった場合は、
   「気圧の変化」による耳の痛みなど
  他の要因を考慮し、鎮暈薬の使用は

「めまいとは区別」する場合

 動悸や、立ちくらみ、低血圧などによる
        「ふらつき」
          👇
  「平衡機能の障害」による「めまい」
     とは、区別すること!

高齢者の「めまい」

高齢者では「平衡機能の衰え」によって、
めまいを起こしやすく、難聴・耳鳴りなど
「聴覚障害」が伴うことも、多くあります。

  👆おすすめのYouTubeチャンネルです

ご覧いただき、ありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 つづきは、👇こちらからでも飛べます。

タイトルとURLをコピーしました